あなたのサプリメントはあなたの体のためになっていますか?

口に入れることは吸収できること、利用できていることとは同じではありません

あなたは口に入れるサプリメントはちゃんとあなたの体に吸収されているか、利用されてるかというと必ずもそうではありません。

まず、吸収を考えると脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)は腸内で分子が塊になりやすく吸収がされにくい状態になるそうです。よく、脂溶性ビタミンを油と一緒に摂りましょうというのはそう言った理由からなのだと思います。

さて、もうひとつの利用されていることについてですが、カルシウムについて考えみましょう。
カルシウムは骨の材料になるわけですが、では、カルシウムが骨になるまでに必要な栄養素があることをご存知ですか。マグネシウムであったりビタミンDであったりします。マグネシウムはカルシウムの吸収を助け、ビタミンDは骨を作るために必要な栄養素だそうです。栄養素は相互に影響しあいあなたの体で利用されていきます。利用されるためには吸収される栄養素のバランスが大切ということになります。
ビタミン、ミネラルとフィトケミカルの配合(バランス)を考えて作られたサプリメントかどうかを確認する必要がありそうですね。

サプリメントは薬機法により効能を記すことができません。それを逆手にとって、ただ成分表示して販売しているサプリメントはその効能をいうことはありません。ですから、効き目がなくてもあっても販売会社にとっては責任はないことになります。効能が考えられたサプリメントと効能など関係のないサプリメントが日本には存在するということです。

このサプリメントは安いから毎日飲んでいる、というあなたは、たとえそれが400円であっても400円を捨てていることになります。ちなみに、人の体は大部分が3ヶ月程度で入れ替わるそうです。ですから、サプリメントも3ヶ月は飲まないとその効果は望めないと考えていいでしょう。となると、1週間400円を1ヶ月1600円3ヶ月で4800円をあなたは捨てていることになります。安かろう悪かろうはサプリメントも同じことです。

僕はこのように考えています。サプリメントは食費であると、そうですね、僕は贅沢をしています。

どうして、贅沢するのかというと健康でありたいからです。肉体の健康は精神の健康にも影響を与えます。素敵な今を生きたいと思うからサプリメントを選びます。それに、効き目のないサプリメントを販売している会社に4800円を寄付するほどお人好しでもありません。

「サプリ de 健康」が、あなたにとってサプリメント選びのお役に立つことができたら幸いです。

お気軽にお問合せください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

見出し h1